未確認飛行物体

アクセスカウンタ

zoom RSS キリギリス科のササキリだと思うのですが

<<   作成日時 : 2010/01/13 09:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

写真が一枚しかありません。
これだけで、どうですかとお尋ねするのも心苦しいのですが、特徴はある程度分かると思いますのでここに同定のお願いをいたしました。

胸部から羽にかけて上の方が褐色であること。
両サイドに黒い帯が、頭部から羽の先端まで続いていること。

以上のことからササキリだと思うのですが、ハネナガイナゴにも似てるなあ、と思ってしまいます。

と言うことで、よろしくお願いします。

撮影場所は宮崎県串間市 撮影日時は2009年9月12日です。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ハネナガイナゴが正解だと思います。

 薄茶の背中両側に黒条というスタイルは、ササキリの背中と確かに似ています。
 しかし、頭の形がキリギリスの仲間はもっと尖っています。
 触角も、イナゴの仲間は太めで短めですが、キリギリスの仲間は細くてすんなり伸びます。
 また、イナゴ類は、トノサマバッタなどの類とも似ていていわゆる仮面ライダー顔で、複眼が若干インゲン豆のような長楕球形ですが、キリギリス類はもっとコンパクトで球に近いですね。
 あと一点、横から跳躍脚の側面が見えるとよくわかるのですが、イナゴの跳躍脚中央部の文様は矢羽根模様のように中央の縦溝に向かって左右から矢印のように線が集まっています。キリギリスの仲間は、うねうねとした曲線だったり横向きの線が並ぶだけとか、いろいろです。
 最終ポイントは、羽の長さで、腹よりも明らかに長く伸びています。

 という理由で、ハネナガイナゴだと思います。
さすらいジョガー
2010/01/14 09:23
確かにこの個体の触角は短いですね。キリギリスの長い触角とは異なります。
また、黒い帯も羽の最後の方までは続いてはいません。
以上のことを考えると、ササキリではなくハネナガイナゴと同定するのが妥当でしょうね。
ありがとうございました。
ありがとうございます
2010/01/14 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
キリギリス科のササキリだと思うのですが 未確認飛行物体/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる