未確認飛行物体

アクセスカウンタ

zoom RSS チュウサギに思えるんですが。。。。

<<   作成日時 : 2011/01/29 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010年9月1日に撮影した白鷺です。
いろいろ検討したのですが、チュウサギかなと思います。

でも、それにしてはクチバシが全体的に黄色です。
ものの本によると、チュウサギのクチバシは先端が黒くなるとか。

ひょっとしてチュウサギの幼鳥かな?と思うのですが、手元に資料がありません。
同定よろしくお願いいたします。

PS.最後の写真は、目の部分を拡大したものです。

撮影日 2010年9月1日
撮影場所 宮崎市

【2011年2月1日 追記】
「ダイサギの冬羽仕様」と同定いたしました。
多くの方からご教授いただきました。
ご教授いただいた内容は下記の通りです。

Aさん
「9月撮影ということですので、嘴が既に全体に黄色くなっていても良いと思いますし、頭に対しての嘴の長さが細く長く見え、第一印象がダイサギです。額の傾斜角も小さく、頭頂からスムーズに嘴に移行している感じもダイサギに見えます。また、1枚目の写真で首を伸ばしているときに現れている、カクッと折れるような上1/3付近の形状も、チュウサギではこんな急激な曲がり方は無いように思います。
 もう一点、これが一番確実かと思いますが、顔の拡大写真で判別できる口角の位置が、目の後端部よりも目ひとつ分後方にあるという点です。チュウサキは、ほぼ目の後端部と口角の位置が同じですから、その点もチュウサギではないように見えます。」

Bさん
「口角が目の後ろ側まで切れ込んでいるので「ダイサギ」ですね。
そして、足が基部から先までが黒色、嘴が黄色となっていますので、冬羽仕様の「ダイサギ」となります。
ちなみに、昨年の5月に丸島で撮ったチュウサギ幼鳥の写真を見ると、嘴の先端に黒っぽい部分がありました。」

Cさん
「頭の形、口角線が目の後ろまで来ているように見えることから、ダイサギではないかと思います。冬羽だと、ダイサギはわりと、先端まで嘴がこういう色だったりします。」

Dさん
「さて、サギ類に関して。
正直写真からほぼ真っ白なサギ類を識別するのは困難です。そのため正解かどうかはわかりませんが、私の感想を。
おそらく、ダイサギではないかと。
一番の根拠は口角が目の後ろまで伸びているからです。(少なくともこの写真からはそう見えます。)他に口角の位置がはっきり写っている写真があると良いのですが。
ただ、ダイサギにしては嘴が太短くも感じてます。これは写真の角度にもよるので、何とも言えません。 それと補足で、チュウサギの嘴も完全な冬羽になれば先端まで黄色くなります。

以上。こんな感じで如何でしょうか? サギの識別はわかりやすい個体は簡単なのですが、意外に難しい個体もいます。現場でみたら体型などからわかりやすいのですけどね・・・・。」

本当にありがとうございました。

よろしくお願いいたします。
画像
画像
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
頭の形、口角線が目の後ろまで来ているように見えることから、ダイサギではないかと思います。冬羽だと、ダイサギはわりと、先端まで嘴がこういう色だったりします。
tak
2011/01/31 17:49
takさん、ありがとうございました。
他の方も全てダイサギと言うことでしたので、ダイサギの冬羽仕様と同定いたします。
みなさん、ありがとうございました。
南風
2011/02/01 13:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
チュウサギに思えるんですが。。。。 未確認飛行物体/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる